弁護士紹介

ご挨拶

弁護士になって以降、離婚・相続といった家庭・親族間の案件、不動産に関わる案件、職場についての案件、債務整理案件など、主に民事案件に携わってきました。
個人的には、相続事件に特に興味を持っており、弁護士会内での研究会に所属し、図書の編著にも関わっております。
また、様々な公的活動にも取り組んでまいりました。
今後はこうした経験を生かしつつ、地域の方の様々なご要望にもお応えしてゆきたいと思っております。
講演依頼などにもお応えしますので、お気軽にお問い合わせください。

弁護士 浦岡 由美子
東京弁護士会所属

経歴

愛知県名古屋市出身。1961年生れ。
愛知県立旭丘高校、京都大学法学部卒業。
地方公務員(公立病院勤務)を経て、平成2年司法試験合格、司法修習(45期)。
平成5年4月弁護士登録(東京弁護士会)
東京第一法律事務所、かすが・國塚法律事務所を経て、2016年1月ふなぼり駅前法律事務所を開設。

公的活動等(終了したものも含む)

  • ■ 東京家庭裁判所家事調停委員(平成24年4月~)
  • ■ 大田区福祉オンブズマン(平成21年4月~27年3月)
  • ■ 大田区情報公開・個人情報保護審議会及び審査会委員(平成26年12月~)
  • ■ 江戸川区法律相談担当(グリーンパレス、タワーホール)

編著・監修書籍

  • ■ 実務家のための相続遺言の手引き(平成18年6月30日 共同執筆)
  • ■ 実務解説 遺言執行(平成21年11月18日 共編、共同執筆)
  • ■ Q&A 相続・遺留分の法律と実務(平成23年7月12日 共著)
  • ■ 改訂実務解説 遺言執行(平成24年12月1日 共編、共同執筆)
  • ■ 実務解説 相続・遺言の手引き(平成25年6月6日 共同監修)
以上、日本加除出版株式会社
  • 新・青林法律相談 遺産分割・遺言の法律相談(平成23年11月18日 共同編集、共同執筆)
以上、株式会社青林書院
  • ■ 遺産分割事件処理マニュアル(平成20年6月5日 共編)
  • ■ 遺産分割事件の手続と書式(平成21年9月18日 共編)
  • ■ 遺産相続紛争事例データファイル(平成23年4月26日 共同編集、共同執筆)
  • ■ 相続人不存在・不在者 財産管理事件処理マニュアル(平成24年8月3日 共編)
  • ■ 判例にみる 相続人と遺産の範囲(平成25年5月22日 共編著)
  • ■ 実務マスター 遺産相続事件(平成25年12月26日 共同編集)
以上、新日本法規出版株式会社
  • ■ Q&A 相続・遺言110番(第3版)(平成24年2月2日 共同執筆)
株式会社 民事法研究会
  • ■ 安心して離婚するためのすすめ方と手続(平成21年11月20日 共同監修)
成美堂出版
メールでのお問い合わせ

事務所からのお知らせ
2022/11/28
11月30日から12月2日まで、地方出張のため相談業務を休ませていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
2022/11/2
今日は暑い、寒い、と言っている内に、11月に入りました。事務所のベランダのパンジーが元気に花を咲かせてくれています。今年やり残したことを点検しながら、11月を過ごしたいと思います。
2022/9/21
都合により、本日及び明日、休業とさせていただきます。勝手ながらよろしくお願いいたします。
2022/9/9
長く司法試験の受験勉強に挑んでいた知り合いから合格の便りが届きました。心から嬉しく感じるとともに、自分自身も合格した時を思い起こしています。「初心忘るべからず」
2022/8/3
暑中お見舞い申し上げます。
当事務所は、8月12日から16日まで夏季休業日とさせていただきます。
2022/8/1
一度は治まったコロナ感染者が増大しています。事務所近くの無料のPCR検査所は、7月初旬には呼び込みをするほど検査希望者がいなかったのですが、最近はこの猛暑の中、順番待ちの列ができています。早く感染者減少に向かうことを祈るばかりです。
2022/6/28
まだ6月というのに梅雨明けし、猛暑に突入してしまいました。せめてもの、と、しばらく自宅で眠っていた扇風機を事務所に持参し、活用し始めました。ありがたい!
2022/6/3
事務所前のビル(朝日信金社屋でした)が取り壊され、広い更地になりました。これまで隠れていた周辺部分が見られるようになっています。
来年には20階建てのマンション建設が始まるそうです。どんな景色になるのでしょうか?
2022/4/28
明日から5月6日まで休業とさせていただきます。
2022/3/30
今年度も明日で終了です。
この時期は裁判所、自治体で異動があり、色々な別れ、出会いがあります。お世話になった方々には、御礼と共に今後のご多幸をお祈りし、新しい出会いを楽しみにしたいと思います。
当事務所には変化なく(笑)、引き続きよろしくお願いいたします。
2022/2/24
私の元にも、3回目のワクチン接種券が届きました。先行して3回目を受けられた方々の様子をうかがうと、「今までは何ともなかったのに、3回目の副反応はひどかった」、「2回目がひどかったので心配していたが、3回目はそれほどでもなかった」、「これまでと同じく、大したことはなかった」と色々です。自分も用心しつつ、怖がらず、3回目に臨みたいと思います。
2022/1/7
明けましておめでとうございます。
本日より今年の業務を開始いたします。
引き続き地域の弁護士として頑張ってまいります。
今年もよろしくお願いいたします。
2021/12/28
本日で今年の業務を終了させていただきます。
新年は、1月7日午後より通常業務とさせていただきます。
今年1年お世話になり、ありがとうございました。
2021/12/9
今年もあと20日ばかりとなりました。積み残してしまったことは多々ありますが、5月から開始した自宅でのささやかな筋トレを続けることができたのは、嬉しいことでした。来年も継続してゆきたいと思っています。
2021/11/2
令和元年の相続法改正施行に続き、今年も民法と不動産登記法の改正が決定しました。新しい制度が制定され、どのような運営になってゆくのか不透明ではありますが、現状から求められたものであることは間違いありません。弁護士としてお答えできるように研究してまいりたく思います。
2021/9/28
9月10日に無事2回目のワクチン接種を済ませました。今回は翌日微熱がありましたが、以降は特に変わりありません。
まもなく宣言等も解除になるようです。このまま感染が収まってくれることを祈るばかりです。
2021/8/23
先週の金曜日に第1回目のワクチン接種を済ませました。会場では、私は平均年齢を上げている感じで、若い方にも接種がされているのは良いことと思いました。副反応もほぼなく、この調子で第2回目も乗り切りたいです。
2021/8/6
当事務所は、8月13日から8月16日まで夏季休暇とさせていただきます。
2021/7/21
明日から祝日等で役所などが4連休になります。今年限りのことで、仕事上は足踏みを強いられる感じではありますが、裁判期日が入らないこの期間を、普段できないことに有意義に使わねば、と算段しております。いつもの連休のように、何となく過ごしてしまわないように・・
2021/6/15
なかなかコロナは収まりませんが、季節は移ってゆきます。1週間前に蒔いた朝顔の芽が出てきました。今年も楽しませてもらえそうです。
2021/4/27
3度目の緊急事態宣言が発令されました。当事務所は、感染対策に努めながら、変わらず相談業務を行っております。GW中も暦通りに執務しております。
2021/3/29
3月21日に60歳の誕生日を迎えました。健康で仕事ができていることに感謝です。
気持ちは若々しく、これからも頑張ってまいります。
2021/2/19
現在東京家庭裁判所は、エレベーター工事を行っていて、高層階行4基のうち2基しか使うことができません。加えてコロナの感染予防のため、人数制限を行っているので、運が悪いとエレベーターに乗るまでに15分くらい並ばないとなりません。高層階への用事の方は、早めに出かけることをお勧めいたします。
2021/1/5
明けましておめでとうございます。
本日より今年の業務を開始いたします。
コロナへの一層の備えを求められる年の始めですが、引き続き地域の皆様のお力になれるよう努めてまいります。
今年もよろしくお願いいたします。
2020/12/28
本日で今年の業務を終了させていただきます。今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
1月5日を新年の仕事始めとさせていただきます。
2020/11/27
今年もあと1ヶ月余りとなりました。例年と異なり、忘年会、新年会の予定も皆無です。寂しいことですが、仕方がないですね。皆様もご自愛ください。

2020/10/2
暑さ寒さも彼岸まで、と言われていますが、相変わらず気温の変化の激しい日が続いています。とはいえ、夏の間楽しませてくれた朝顔の花も終わりつつあり、秋を感じています。今年度も半分終わりましたが、後半も一つ一つの仕事を頑張ってゆきたいと思います。
2020/8/26
毎日暑く、それでもマスクをしなければならない日々で辛いですね。私はようやくスマホデビューいたしました。一つずつできることを増やしてゆこうと思っております。
2020/8/6
8月11日より14日まで相談業務を休ませていただきます。
打合せテーブルに段ボールパーテーションを設置いたしました。相談にお越しの際に、少しでも安心していただければと思います。
2020/6/22
コロナのために、集まることが難しくなっている状況の中、オンラインツールを使用しての会議、打ち合わせが増えてきました。アプリもどんどん進化しているようです。新しい対応が求められる中、こうしたツールも活用していきたいと思います。
編著・監修書籍
pagetop